岡山県津山市下高倉西824

頭蓋下顎機能障害(CMD)⑨

[youtube https://www.youtube.com/watch?v=Mq_Ib-3mdtI&w=560&h=315]

CMD患者さんは、よく首の凝り痛みを訴えます。

三叉神経脊髄路核は、第2頚椎の高さまでまで達していますので、顎関節部と上部頚椎部の神経連絡が密接になっていることが原因の一つと考えられます。

発生し得る症状として、首の凝り痛み、頚性頭痛、頚椎または肩関節の運動制限を伴う頚部の硬化、などが考えられます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


症状でブログ記事を検索