岡山県津山市の整体・鍼灸・マッサージ  岡山県津山市下高倉西824

岡山県津山市 OKはり灸マッサージからお知らせ

★11月は休業日がイレギュラーです。
11/19(第3日曜)・・・【営業】
11/23(木・祝日)・・・【営業】
毎週水曜日は休業

一度きりしかない人生でやりたいことをするためのお手伝いとしてのセラピー&コンディショニング

[youtube https://www.youtube.com/watch?v=0_kf3tSbOY0&w=560&h=315]

私(院長)は、「治療」という仕事をしているセラピストですが、ふと、「一体何のために俺はこんなにも一生懸命にこの仕事をしているのか?」と考えることがあります。

その答えは、まずは、「生活のため」でしょう。

いわゆる「お金を稼ぐため」です。

しかし、それだけか?というと、必ずしもそうではない、と、感じます。

「好きだから」ということも大きいと感じます(あくまでも、仕事としては、ですが)。

いわゆる「やりがい」です。

では、どういう時にやりがいを感じるか?といえば、患者さんが良くなったと言ってくれる時です。

つまり、人の役に立てている時です。

しかし、本当に人の役に立っているからやりがいを感じるのか?これまた自問自答すると、必ずしもそうではないかもしれない、とも感じます。

つまり、良くなったと言ってくれることで、自己の達成感を味わっていることでの充実感、の方が大きいのではないか?と、感じます。

この達成感を味わうために仕事をしている、と言ってもいいでしょう。

一度きりしかない人生において(輪廻やあの世は設定していない人間です)、特に男子に生まれたからには、「仕事」で達成感、充実感を味わうことを最優先に生きている、と、気づきました。

また、患者さんサイドからの観方においては、「できるだけ快適に過ごしたい」という欲求があり、それを叶えることがセラピストに求めることでしょう。

正に、この点において、セラピストと患者さんの「WIN-WIN関係(言い方、ちょっと古い?)」が成り立つわけです。

しかし、さらにもう一歩進めて、「で、快適になってどうしたいか?」を、あえて患者さんに問うとすれば、その答えは、すべからく「一度きりしかない人生で自分のやりたいことを精一杯やりきりたい」という答えを期待してしまう自分がいます。

つまり、命を懸けてもやりたいことがあって、そのためにセラピーをうけ、より良いコンディションで、その実現に挑む、ためのお手伝いをしたい、というのが、私(院長)の本音です。

私(院長)は、単純に長生きを良いものとは捉えていません。

長生きは結果であり目的ではない、というのが持論です。

ですので、「長生きをするため」のお手伝いをしたいとは、正直あまり思いません。

そんな事、そもそもできませんしね。

それよりも、どうしても達成したいことがある、という人のお手伝いをさせていただくことで、自分も達成感を得る、というスタイルが、欲張りかもしれませんが、「理想」です。

松田優作が、膀胱がんによる体調不良をおして、正に「命を懸けて」挑んだ遺作「ブラックレイン」。

古今東西で、自分に多大なる影響を与えた、という点で、この作品に勝るものはありません。

たとえ長生きでなくても、精一杯自分のやりたいことを追及してやりきる、というところにフォーカスしながら、これからも日々生きていきたい、と考えている者です。

津山 整体・鍼灸OKはり灸マッサージ

津山市下高倉西824

午前8時からの施術もお受けしています

<営業時間> 9:00~12:00 14:00~19:00

電話受付 午前7:00~ 昼休み中も電話受付しています

<休業日> 水曜日・土曜日午後・第3日曜日・(祝日) ※祝日・第3日曜日は、営業する月もあります。 毎月の休みは、営業カレンダーをご確認ください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


電話受付 AM7:00~