岡山県津山市の整体・鍼灸・マッサージ  岡山県津山市下高倉西824

岡山県津山市 OKはり灸マッサージからお知らせ

★11月は休業日がイレギュラーです。
11/19(第3日曜)・・・【営業】
11/23(木・祝日)・・・【営業】
毎週水曜日は休業

現在の野球少年の環境

我々が幼少の頃は、あらゆる遊びの中で自然に体力や合理的な動きを身に着けていけましたが、今の子供たちは遊ぶ場所がないし、少子化で遊ぶ仲間もいない、という「ないないづくし」という可哀想な環境で育っています。

そのため、現在の野球少年は平日は体をほとんど動かすことなく土日に急に多くの練習をして肩、肘、腰、などを痛めてしまうケースが多いようです。

生活環境の欧米化も関係しています。

我々の時代は便所といえば和式でした。

今はお上品にトイレでもちろん洋式です。

畳の生活から椅子の生活にも変貌して、股関節周りの柔軟性や支持性が極端に低下しています(大人も同様ですが)。

我々の時代で男子で野球を遊びで通らない子は皆無でした。

勝手に子供たちで壁あて野球遊びをしてバット、ボール、グラブ、を扱う感覚をかなり小さい頃から誰もが身に着けていました。

ですので、私(院長)自身も30年以上ぶりに野球を再開しても、ショートバウンドを難なくキャッチできるのです。

もう体にしみついているのですね。

おまけに現在は少子化で野球人口の激減が叫ばれて久しいです。

我々の時代は、男子は皆好きなプロ野球チームの野球帽子をかぶっていましたが、今ではそんな光景はとんと見かけません。

その結果、小学校の体力テストでソフトボール投げが過去最低を記録しました。

ボールを投げるという機会自体がないのですから当然の結果と言えます。

あと、これは津山へ来て驚いたのですが、「スポ少」なるのものが小学生のスポーツ活動の主流だということです。

我々の時代は小学校にクラブと部活があり、先生が監督で毎日練習しました。

スポ少では、ほとんどの場合親が中心となり土日のみ活動します。

おまけに、これも津山の伝統らしく、野球ではなくソフトボールなのですね。

野球とソフトボールは似て非なる競技です。

小学生時代にソフトボールにどっぷりつかり、いざ中学から野球を始めるというのは小学生の頃から野球に親しんできた子に対して不利であると考えます。

今年の高校野球で津山勢は早くも姿を消してしまいました。

津山の高校がなかなか勝てないのは、幼少期から野球に親しんでいないことも一因なのではないか?と疑っています。

私(院長)の小2の息子も他に方法がないのでスポ少に入りソフトボールをしています。

確かに低学年のうちはソフトボールの方が安全で良いかもしれません。

が、あくまでも目標はプロ野球選手であってソフトボール選手ではないので、高学年になったらどこかの野球のクラブチームに入った方が良いのではないかと考えています。

本当であれば、小学校に野球部がきちんとあるという環境が理想です。

このような環境は時代の流れと地域性のため仕方のないことですが、子供に罪はありません。

急に話しが飛びますが、近い将来、「津山の高校が甲子園に行く」という未だ成し遂げれらていないことを成し遂げることの一翼を担いたいと結構マジに考えている者です。

そのための方法を仕事にも生かしながら考えていきたいと日々奮闘中です。

 

津山 整体・鍼灸OKはり灸マッサージ

津山市下高倉西824

午前8時からの施術もお受けしています

<営業時間> 9:00~12:00 14:00~19:00

電話受付 午前7:00~ 昼休み中も電話受付しています

<休業日> 水曜日・土曜日午後・第3日曜日・(祝日) ※祝日・第3日曜日は、営業する月もあります。 毎月の休みは、営業カレンダーをご確認ください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


電話受付 AM7:00~