岡山県津山市の整体・鍼灸・マッサージ  岡山県津山市下高倉西824

岡山県津山市 OKはり灸マッサージからお知らせ

★11月は休業日がイレギュラーです。
11/19(第3日曜)・・・【営業】
11/23(木・祝日)・・・【営業】
毎週水曜日は休業

斜角筋や小胸筋へのアプローチは上部肋骨のモビリゼーションになっている

[youtube https://www.youtube.com/watch?v=Ula15c4UN4s&w=560&h=315]

OKはり灸マッサージでは、基本的に、ほぼ全ての患者さんの施術において、斜角筋と小胸筋にアプローチしています。

どちらも、胸郭出口に当たる筋であるし、頭頚部アライメント修正には欠かせない筋であるからです。

ここ数日で、胸郭の重要性に気づくとともに、斜角筋も小胸筋も、上位肋骨に付着する筋であることから、斜角筋と小胸筋へアプローチすることは、イコール上位肋骨のモビリゼーションになっている、ということに気づきました。

斜角筋と小胸筋に限らず、多くの筋が肋骨に付着しています。

これらの筋のアンバランスな活動が、肋骨を変位させることは、想像に難くないでしょう。

この、肋骨の変位、が、胸椎の位置異常を発生させ、脊柱全体に悪影響が波及し、腰椎、仙骨、そして、寛骨、までが変位するに至る。

つまり、肋骨に付着する体幹筋の活動のインバランスは、骨盤アライメントをも変位させる、ということです。

さらに、胸郭は、肩甲骨アライメントや、足部アライメントとも、密接に連動しています。

このように、運動器としての胸郭は、他の部位同様、全身のアライメント、そして、その変位である「全身の歪み」と密接な関係があるのです。

これらの現象を詳細に検証している画期的な書籍、柿崎先生の「胸郭運動システムの再建法」をマスターすれば、臨床力は格段に上がるでしょう。

是非、時間の許す限り、最優先で読破したいと思っています。

津山 整体・鍼灸OKはり灸マッサージ

津山市下高倉西824

午前8時からの施術もお受けしています

<営業時間> 9:00~12:00 14:00~19:00

電話受付 午前7:00~ 昼休み中も電話受付しています

<休業日> 水曜日・土曜日午後・第3日曜日・(祝日) ※祝日・第3日曜日は、営業する月もあります。 毎月の休みは、営業カレンダーをご確認ください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


電話受付 AM7:00~