岡山県津山市の整体・鍼灸・マッサージ  岡山県津山市下高倉西824

岡山県津山市 OKはり灸マッサージからお知らせ

★11月は休業日がイレギュラーです。
11/19(第3日曜)・・・【営業】
11/23(木・祝日)・・・【営業】
毎週水曜日は休業

触診:スタティックパルペーションとモーションパルペーションは必要不可欠

私(院長)が今主に行っている施術(鍼灸、整体)は、できる限り静的アライメントと動的アライメントを整えて、その結果不快症状の軽減を図る、というものです。

中医学独特の脈診に重きを置いてはいませんので(今のところ)、視診を含めた触診が命です。

視て、触って、患者さんの体がどう変化したかを常にモニターしながら施術を行っています。

触診には、スタティックパルペーション(静的触察)とモーションパルペーション(動的触察)があります。

鍼灸医学の基本はスタティックパルペーションです。

これは当然、非常に大切です。

ですが、OKはり灸マッサージでは、「関節の動き」、も重視しますので、それを診るには、どうしてもモーションパルペーションが必要です。

モーションパルペーションは、鍼灸医学だけ実践する方は、基本的には行わないと思います。

OKはり灸マッサージでは、整体領域の考え方、診方、治し方、も取り入れていますので、たとえ鍼灸治療を行う場合にもこのモーションパルペーションを多用します。

これにより、より患者さんの体がどうなっているのかがわかります。

施術も、関節の可動性が悪い部位を改善する「ツボ」を使用することが非常に多く、この方法は非常に有効です。

とはいっても、例えば、首の動きを改善させる「ツボ」は、首回りはもちろん、遠く離れた手足先などにもあります。

これを見つけれるかが、いわゆる鍼灸師の優劣を決める、ともいうべき分水嶺です。

これらの効果的なツボは、結局、伝統鍼灸医学の理論で説明がつくことが非常に多いです。

ということは、伝統鍼灸医学の知識が豊富=効果的なツボがわかる=よく治せる、ということになるのです。

理論と技術(実践)の両輪が相乗的に高まれば高まるほど、治療成績は向上します。

私(院長)は、まだまだ発展途上ですが、確実に日々前進しています。

これからも、「どこにも行ってもよくならない症状にはOKはり灸マッサージ」となれるように日々精進あるのみです。

 

 

 

津山 整体・鍼灸OKはり灸マッサージ

津山市下高倉西824

午前8時からの施術もお受けしています

<営業時間> 9:00~12:00 14:00~19:00

電話受付 午前7:00~ 昼休み中も電話受付しています

<休業日> 水曜日・土曜日午後・第3日曜日・(祝日) ※祝日・第3日曜日は、営業する月もあります。 毎月の休みは、営業カレンダーをご確認ください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


電話受付 AM7:00~