岡山県津山市下高倉西824

knee-spine syndrome⑦

[youtube https://www.youtube.com/watch?v=VVySIbJfuiQ&w=560&h=315]

変形性膝関節症患者さんにおいて、膝関節内転モーメントの増加は運動力学的観点から考えると、重心線から関節中心点までの距離の増加に他なりません。

そして、その距離の増加の原因を紐解いていくと、身体の中で一番質量が大きい、passenger unitである体幹(上半身)の質量中心の後方偏位によるものであることがわかります。

また、それにより、体幹の土台である骨盤が運動連鎖により後傾位となり、膝関節屈曲・内反・内旋という運動連鎖が起こります。

骨盤は、passenger unitであり、lokomotor unitでもあります。

passenger unitから発生するエネルギーをlokomotor unitへ効率よく伝達し、床反力としてのエネルギーをpassenger unitへ効率よく伝達する中継点でもあります。

体幹と骨盤に存在する関節は、仙腸関節、椎間関節、肋椎関節、胸肋関節などであり、これらの関節の柔軟性を引き出すことで人体の静的・動的バランスが向上します。

よって、変形性膝関節症患者さんの治療において、局所的治療だけでなく、体幹および骨盤の動きの少ない関節の柔軟性を引き出すように関節を誘導し、体幹と骨盤のアライメントを修正し、重心線とpassnger unitの質量中心を近づけることで、膝関節の適合性と筋活動が高まり、症状を緩和させることができるのです。

また、体幹と骨盤に存在する先のような動きの少ない関節の動きが減少すると、上肢や下肢などの末梢の関節の動きが大きくならざるを得ず、筋や腱にオーバーストレッチ(過伸長)やオーバーコントラクション(過収縮)が起こり、上下肢の筋緊張が高くなった状態となります。

このことが変形性膝関節症を含む上下肢の関節の問題を引き起こすことになるのです。

つまり、脊椎を含む体幹や骨盤に存在する動きの少ない関節の動きを出してやることで、上下肢のオーバーストレッチ、オーバーコントラクションを取り除き、関節の適合性、筋緊張の正常化を図り、結果、膝関節を含む上下肢の関節の問題が改善するのです。

これが、カイロプラクティックやマニュアルセラピー、鍼灸などの脊椎などの中心部位へのアプローチで上下肢の関節症状が改善するメカニズムなのです。

当然、上下肢へのアプローチで脊椎などの中心部位の不具合を改善させることも可能であることは想像に難くはありません。

津山 整体・鍼灸
OKはり灸マッサージ

☎ 0868-29-3909
津山市下高倉西824

<営業時間> 9:00~12:00 14:00~19:00 (電話受付 午前7:30より)

<休業日> 水曜日・土曜日午後・祝日・第3日曜日

Tagged on:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


電話受付 AM7:30~