岡山県津山市下高倉西824

「体力のあるときモード」と「ないときモード」の使い分け

「強く念じて頑張り続ければ」的な根性論に支配されたかのような現代日本。

いや、「24時間闘えますか?」なんてフレーズが昔あったように、日本伝統の考え方かもしれません。

頑張っている人は偉くて素敵、そうでない人はダメ人間。

本当にそうでしょうか?

こういった根性論は、人生で成功をおさめた人が、「上から目線」で諭すことが多いようです。

しかし、この方法は、体力が落ちた人が再び上がるための方法としては不適切です。

なぜなら、「強く念じること」は体力を要するからです。

「体力が落ちたとき、上がるためにとるべき方法」

は、

「体力のある人が、さらに上を目指すときにとる方法」

とは異なります。

このことを理解していない人が多いのではないでしょうか?

これが、「体力が落ちた人(とき)に優しくない日本社会」を作っていると思います。

「体力のあるとき」のやり方を、「体力のないとき」にも正しいと思い込み、やり続ける。

理解がない周囲も、それを体力のない人に求める。

これが、日本で「治りにくい人」が増えている要因です。

社会全体が、現実的でない「単一モーレツ思考」にとらわれているかのようです。

現実に即応する柔軟さが、ないがしろにされているのです。

これは、体力の生まれつき少ない人や、今体力が落ちた人には、過酷で、不健康な風潮です。

だから、みんな、「無理をして」「病気になり」「なかなか治らない」のです。

「いつやるか?別に今じゃなくていいでしょ」

ダメ人間で結構。

頑張りすぎない人間こそ、バランス感覚に長けて魅力的に見える、今日この頃です。

津山 整体・鍼灸
OKはり灸マッサージ

☎ 0868-29-3909
津山市下高倉西824

<営業時間> 9:00~12:00 14:00~19:00 (電話受付 午前7:30より)

<休業日> 水曜日・土曜日午後・祝日・第3日曜日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


症状でブログ記事を検索