岡山県津山市の整体・鍼灸・マッサージ  岡山県津山市下高倉西824

岡山県津山市 OKはり灸マッサージからお知らせ

11/23(木・祝日)は営業します!

片側荷重

LINEで送る
Pocket

人は誰でも左右両脚均等に荷重して生活してはいません。

生まれながらに備わった歩行のためのいわゆる「支え脚」と「動く脚」に区分された両脚で、歩行などの生活動作を行っています。

こういった事情から、例えば骨盤が左右均等出ない状態、いわゆる「歪んでいる」状態にあるのは、極自然なことです。

ただし、であるからといって、左右の「過度のアンバランス」は、やはり人体にとって有害です。

許容範囲内の左右差で収まっている限り、それほどの不快症状は起こしませんが、許容範囲を超えた左右差は不快症状の原因となるのです。

OKはり灸マッサージでは、はり灸コース、整体コース、では、お体の歪みやバランスのチェックをさせていただいておりますが、まず座位で行います。

この時、明らかに左右のお尻(坐骨)のどちらかに偏って荷重している方を時々お見かけします。

その場合、立位でも、その偏っている方に過重しているか、両脚に均等に荷重している場合は、上半身で補正作用が働き、上半身の歪みを引き起こしています。

不快症状は、ほとんどの場合、過重側に現れます。

この左右のバランスに、前後のバランスが加わってきますので、歪みは3次元的に「ねじれ」となってきます。

この「ゆがみ」と「ねじれ」には、ある程度の基本パターンがありますが、細かく分析すると、各人各様です。

このほかにも「背骨の柔軟性」など、診るべきところは多いですが、これらが修正されていくと不快症状は軽減していきます。

当然、人が不快症状を訴える原因は、「ゆがみ」や「ねじれ」だけではありませんので、それ以外の要素にもアプローチできる問題であればアプローチしていきます。

話を元に戻しますが、元来人は、片側荷重ですので、施術で一時的に楽になっても、日常生活のなかで徐々に過剰なアンバランスな状態になると、再び不快症状がぶり返します。

私(院長)は、毎日ストレッチを行っているのでわかりますが、たった一日でゆがみ、ねじれは元に戻ろうとします。

が、それでも継続的にストレッチを続けていくと、段々戻りにくくなるし、戻っていてもすぐ調整できるようになります。

ですので、良い状態をキープしたい場合、悪くなりきる前に継続的に施術を受けることが必要になるのです。

津山 整体・鍼灸OKはり灸マッサージ

津山市下高倉西824

午前8時からの施術もお受けしています

<営業時間> 9:00~12:00 14:00~19:00

電話受付 午前7:00~ 昼休み中も電話受付しています

<休業日> 水曜日・土曜日午後・第3日曜日・(祝日) ※祝日・第3日曜日は、営業する月もあります。 毎月の休みは、営業カレンダーをご確認ください

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


電話受付 AM7:00~

症状別ブログ記事