OKはり灸マッサージロゴ
整体・鍼灸・マッサージ
岡山県津山市下高倉西824

   電話受付7:00~

Q8 どれくらい通えば良くなりますか?

LINEで送る
Pocket

症状や体質などによって、必要な施術回数は変わってきます。特に、急性の症状の場合は、少ない回数で済むことが多く、長く患っている症状の場合は、治療回数を重ねる必要があることが多いです。

急性の症状の場合

例えば、「1週間前にちょっと腰をひねって痛くなった」というような、急性の症状の場合は、うまくいけば1回で良くなることもあります。

1回で良くならなかったとしても、あまり治療間隔をあけずに2~3回続けて治療することで改善する場合が多いです。

長期にわたる疾患の場合

それに対して、例えば「10年来の頭痛」や「肩が上がらなくなってから半年くらい経っている」など、長期間患っている場合は、1~2回の治療で治ってしまう事は、まずありません。

治療したその時はよくなったと感じても、数日でまた症状が出てくる場合が多いからです。 一時しのぎでなく、長期的に見て改善させていくには、ある程度の治療回数がどうしても必要となります。

このような慢性的で頑固な症状の場合、当院でお勧めしているのは、1週間に1回くらいのペースで3~5回治療を継続されてみて、少しでも改善傾向がみられた場合、その後も治療を継続することで、かなり良い状態まで改善する可能性が十分にあると判断させていただきます。

1回目の治療で症状の改善が自覚できる場合も多くありますが、症状によっては、何度か治療回数を重ねないと、改善が自覚できない場合もあります。

また、症状が改善傾向にあっても、人によっては、それが自覚できないといった方もいらっしゃいます。自分では良く分からないが、家族や知人から、前より良くなったと指摘されるというケースは意外に多いのです。

1~2回の治療で、効果が自覚できないからと、途中で治療を止めてしまわずに、3~5回治療を継続されることをお勧めします。辛抱強く治療を継続された場合、長期的な改善に至るケースは非常に多いです。

■治療例

 

症状:10年来の首や肩のこり・痛みと、それからくる頭痛

治療頻度:週に1回の治療を5~6回継続

だんだんと良くなり、それにつれて治療間隔も10日に1回、2週間に1回と治療間隔があいても症状が出なくなりました。

そして、4カ月後には、お困りの症状はほとんどなくなり、1ヵ月に1回くらいのペースで、予防的な治療で済むようになりました。

一例をあげさせていただきましたが、長期的な改善までにどれくらいの治療回数が必要かは、やはり症状により人により様々です。

OKはり灸マッサージでは、より少ない治療回数で効果をあげられるよう、日々研究と精進を重ねております。

また、治療回数を重ねれば重ねるほど、患者様のお体のことをより深く理解できるようになり、効果的な治療を行うことができます。

ただ、難病と言われる病気や、進行性の病気などの場合は、治療の効果が、症状の緩和や進行をできるだけ抑えるといったことにとどまり、どんどん改善していくということが難しい場合もあります。

そういった場合でも、日々の生活を過ごしやすくするために、定期的に治療を続けることをお勧めいたします。

LINEで送る
Pocket

The following two tabs change content below.

院長 大門信一郎

OKはり灸マッサージ院長。 はり師・きゅう師・あん摩マッサージ指圧師の国家資格有。 体のゆがみと自律神経を整える鍼灸師。 鍼灸治療の他、痛くない整体や、心地よい力加減のマッサージも好評です。 なかなか良くならない症状にお悩みの方の力になれれば幸いです。

最新記事 by 院長 大門信一郎 (全て見る)

最終更新日:2018/12/24