OKはり灸マッサージロゴ
整体・鍼灸・マッサージ
岡山県津山市下高倉西824

   電話受付7:00~

カテゴリー 整体 ラべル 骨盤

骨盤のはなし

LINEで送る
Pocket

骨盤は、下肢と脊柱を連結する位置にあり、荷重伝達機能を担います。

骨盤の可動性に関与するのは、左右の寛骨と仙骨の3つであり、これらを連結するため、左右の「仙腸関節」と「恥骨結合」が存在します。

各関節は、互いに独立して動くことはなく、骨盤輪内で3つの関節が連動します。

すなわち、一つの骨が、アライメント変化を起こすと、他の2つの骨も位置関係を変え、骨盤輪全体のアライメントに変化が生じます。

骨盤輪が、非対称アライメントを呈する場合、リングを構成する2つの寛骨と仙骨は、相互の位置変化を起こし、リング全体に歪みが生じます。

例えば、矢状面において、右寛骨が前傾すると、相対的に、左寛骨は後傾位となります。

この時、左の上後腸骨棘(PSIS)は後下方に、右PSISは前上方に移動します。

この時、骨盤を上から見ると、水平面では、右腸骨稜が前方に、左腸骨稜が後方に位置します。

さらに、これを後方から見ると、前額面において、左PSISは下方に、右PSISは上方に偏位します。

このような、非対称性アライメントを呈する骨盤において、仙骨は、上方からみて左回旋(仙骨前面が左向き)、後方からみて左に傾斜(尾骨が右に偏位)します。

このような骨盤アライメントは、骨盤内の安定性は保たれていますが、腰椎の土台となるべき仙骨の傾斜と回旋によって、腰椎アライメントおよび運動に、悪影響を及ぼします。

このような、非対称性アライメントパターンには、恥骨結合と、両側の仙腸関節の不安定性(過可動性)が問題になることがあります。

例えば、恥骨結合に、過大な可動性が存在する場合、非対称性アライメントにおいて、恥骨結合の上下の偏位が生じる可能性があります。

一方、左右の仙腸関節の可動性に、左右差が存在する場合は、どのような骨盤アライメントを呈する場合であっても、可動性の大きい側の仙腸関節が、相対的に不安定となりやすく

なります。

その状況下で、仙骨に伝達される大殿筋の収縮力や伸張性に、左右差が存在すると、仙骨の前額面上の傾斜が起こります。

このため、同じ非対称性アライメントパターンであっても、3関節の可動性の大小により、多様なアライメント異常が生じるのです。

そして、このような、骨盤マルアライメントが、ぎっくり腰、仙腸関節の痛み、鼠径部の痛み、腰痛、大腿部の鈍痛、などといった、多様な症状や症候を招くこととなるのです。


カテゴリー 整体 ラべル 骨盤

津山 整体・鍼灸OKはり灸マッサージ

津山市下高倉西824

<営業時間> 8:00~12:00 14:00~18:00

電話受付 午前7:00~ 昼休み中も電話受付しています

<休業日> 水曜日・土曜日午後・第3日曜日・(祝日) ※祝日・第3日曜日は、営業する月もあります。 毎月の休みは、営業カレンダーをご確認ください

LINEで送る
Pocket

The following two tabs change content below.

院長 大門信一郎

OKはり灸マッサージ院長。 はり師・きゅう師・あん摩マッサージ指圧師の国家資格有。 体のゆがみと自律神経を整える鍼灸師。 鍼灸治療の他、痛くない整体や、心地よい力加減のマッサージも好評です。 なかなか良くならない症状にお悩みの方の力になれれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


電話受付 AM7:00~

症状別記事リスト

特にご来院の多い症状

肩こり 首のこり痛み 四十肩・五十肩 腰痛・ぎっくり腰 頭痛 自律神経失調症 めまい つかれ ストレス 不眠 冷え症 体のゆがみ スポーツ障害 トレーニング 美容鍼

体の痛み・しびれ

痛み 神経痛 身体中が痛い(線維筋痛症) 寝違い 顎関節症 胸郭出口症候群 腱鞘炎 テニス肘 関節リウマチ 坐骨神経痛(腰部脊椎管狭窄症) 股関節 しびれ 足の痛み ムチウチ後遺症

耳鼻咽喉科症状

耳鳴り 難聴 突発性難聴 のどの違和感 嗅覚障害 味覚異常 鼻炎

婦人科症状

逆子 不妊症 更年期障害 生理痛 PMS 月経不順

その他の症状

糖尿病 パーキンソン病 顔面神経麻痺 慢性前立腺炎 内科的症状 ぜんそく アトピー性皮膚炎 パニック障害