OKはり灸マッサージロゴ
整体・鍼灸・マッサージ
岡山県津山市下高倉西824

   電話受付7:00~

カテゴリー 施術・全身の連動性 タグ トレーニング

ストレッチング

LINEで送る
Pocket

今年に入ってから、股関節を中心とした、ストレッチングを再開しました。

私の考えでは、腰椎の可動性(モビリティー)が、人間の動きの要で、その実現のためには、その土台である骨盤との連動性が重要である、と考えています。

この、腰椎と骨盤の連動性を良くしていくためには、さらにその土台である、股関節の可動性(モビリティー)を高めていくことが必要と考えているため、股関節を中心としたストレッチングを再開したのです。

再開、とは、過去何度もある一定期間していたことはあるのですが、しばらくしていなかったからです。

さて、ストレッチング、ですが、一般的には、「筋肉を伸ばすこと」と思われているかと思いますが、実際には、筋肉を伸ばしているのではなく、体の筋・骨格を包んで支持している、筋膜、などの膠原性結合組織の伸縮を整えて、体のゆがみを整えている、のです。

いわば、ストレッチングとは、筋ではなく、骨組み、または、体自体を伸ばすこと、です。

自分で、自分自身に、ロルフィング、という、筋膜にはたらきかけて体全体を整える施術法、を行っているようなものです。

実際にやってみるとわかりますが、確かにただ筋肉を伸ばしているのではなく、骨組みを伸ばしている、という実感があります。

自分の体と向き合うことで、治療のヒントもたくさん浮かんできます。

再開して、しばらく何日かは、ストレッチングを行って、体の柔軟性が出ても、すぐ戻ってしまっていましたが、何回かを超えると、柔軟性が確保されたままの状態にもっていくことができます。

体にクセづいた筋膜などの膠原性結合組織が、ゆるんでくるのに、何回かのセッションを繰り返さなくてはならない、のは、治療においても同様な現象が起こっているのだな、だから、一回だけでは、すぐに元に戻ってしまうが、何回か治療すると、だんだんと体が変化し、治療効果も上がってくるのだな、と改めて実感することができました。

この股関節を中心としたストレッチングをすると、首肩などの上半身も柔軟性が出ているのに気付きます。

改めて、体は各部位が繋がって連動していて、下半身へのアプローチも上半身に影響を及ぼすのだ、と実感でき、大変に治療の参考にもなります。

私は、個人的には、体の可動性(モビリティー)を実現すれば、安定性(スタビリティー)は自然についてくる、と考えています。

ですので、筋力トレーニングよりも、まずは、柔軟体操(ストレッチング)を優先すべき、と考えています。

今回は、途中やめすることなく、自分で自分に鍼灸治療することとともに、これからもずっと続けていこうと思っています。

 


カテゴリー 施術・全身の連動性 タグ トレーニング

関連記事

津山 整体・鍼灸OKはり灸マッサージ

津山市下高倉西824

<営業時間> 8:00~12:00 14:00~18:00

電話受付 午前7:00~ 昼休み中も電話受付しています

<休業日> 水曜日・土曜日午後・第3日曜日・(祝日) ※祝日・第3日曜日は、営業する月もあります。 毎月の休みは、営業カレンダーをご確認ください

LINEで送る
Pocket

The following two tabs change content below.

院長 大門信一郎

OKはり灸マッサージ院長。 はり師・きゅう師・あん摩マッサージ指圧師の国家資格有。 体のゆがみと自律神経を整える鍼灸師。 鍼灸治療の他、痛くない整体や、心地よい力加減のマッサージも好評です。 なかなか良くならない症状にお悩みの方の力になれれば幸いです。
Tagged on:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


電話受付 AM7:00~

症状別記事リスト

特にご来院の多い症状

肩こり 首のこり痛み 四十肩・五十肩 腰痛・ぎっくり腰 頭痛 自律神経失調症 めまい つかれ ストレス 不眠 冷え症 体のゆがみ スポーツ障害 トレーニング 美容鍼

体の痛み・しびれ

痛み 神経痛 身体中が痛い(線維筋痛症) 寝違い 顎関節症 胸郭出口症候群 腱鞘炎 テニス肘 関節リウマチ 坐骨神経痛(腰部脊椎管狭窄症) 股関節 しびれ 足の痛み ムチウチ後遺症

耳鼻咽喉科症状

耳鳴り 難聴 突発性難聴 のどの違和感 嗅覚障害 味覚異常 鼻炎

婦人科症状

逆子 不妊症 更年期障害 生理痛 PMS 月経不順

その他の症状

糖尿病 パーキンソン病 顔面神経麻痺 慢性前立腺炎 内科的症状 ぜんそく アトピー性皮膚炎 パニック障害