OKはり灸マッサージロゴ
整体・鍼灸・マッサージ
岡山県津山市下高倉西824

   電話受付7:00~

カテゴリー 施術・全身の連動性 タグ スポーツ障害

上半身と下半身の連動

LINEで送る
Pocket

サッカー日本代表で、ハノーファー所属の清武選手が、非常に印象的なコメントをされていました。

彼は、以前、下半身のストレッチはするが、上半身はせずに、筋トレで固めて体重増やして、世界の選手に当たり負けないようにしてたそうですが、体重は増えても逆に体は思うように動かず、動きが固くなった、体は太くすればいいというものではない、と実感した、と言っています。

そして、さらに、同じく日本代表の長友選手が、ヨガをやって常に全身を柔らかくしていることに刺激を受け、早速今までやってなかった上半身のストレッチをするようにしたところ、すぐさま動きが良くなったことを実感し、実際結果も出た、とのこと。

長友選手曰く、サッカー選手も、下半身はもちろん、上半身を柔らかくすることは非常に大切で、上半身も下半身と連動していくもので、世界レベルの選手は、皆、体幹が強いだけではなく、柔軟性も同時に兼ね備え、上半身と下半身が連動した動きができている、メッシとネイマールが代表的で、彼らは、ドリブルする時、常に上半身の力が抜けていて、クネクネするイメージで動けているから、結果につながっている、と指摘したそうです。

世界の第一線で活躍している彼の言葉は、非常に説得力があり、非常に大事なことを指摘している、と感じます。

体幹は、ただ固めればいいというものではない、ということは、世界トップレベルのアスリートであれば、おそらく誰もが理解していることだとは思いますが、それ以下のレベルのアスリートは、案外、体幹は固めることが大事、という思いで体幹トレーニングに励んでいるのではないか?と想像してしまいますが、決して的外れな意見ではないと考えています。

競技の種目にもよるとは思いますが、やはり、モビリティとスタビリティを兼ね備え、そして、ファンクショナル(機能的な)な身体が、どんなスポーツにおいても重要である、と感じるし、また、一般人でも、その実現は、凝り痛みなく、疲れにくく、動きやすい身体を実現する鍵である、と考えています。


カテゴリー 施術・全身の連動性 タグ スポーツ障害

関連記事

津山 整体・鍼灸OKはり灸マッサージ

津山市下高倉西824

<営業時間> 8:00~12:00 14:00~18:00

電話受付 午前7:00~ 昼休み中も電話受付しています

<休業日> 水曜日・土曜日午後・第3日曜日・(祝日) ※祝日・第3日曜日は、営業する月もあります。 毎月の休みは、営業カレンダーをご確認ください

LINEで送る
Pocket

The following two tabs change content below.

院長 大門信一郎

OKはり灸マッサージ院長。 はり師・きゅう師・あん摩マッサージ指圧師の国家資格有。 体のゆがみと自律神経を整える鍼灸師。 鍼灸治療の他、痛くない整体や、心地よい力加減のマッサージも好評です。 なかなか良くならない症状にお悩みの方の力になれれば幸いです。
Tagged on:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


電話受付 AM7:00~

症状別記事リスト

特にご来院の多い症状

肩こり 首のこり痛み 四十肩・五十肩 腰痛・ぎっくり腰 頭痛 自律神経失調症 めまい つかれ ストレス 不眠 冷え症 体のゆがみ スポーツ障害 トレーニング 美容鍼

体の痛み・しびれ

痛み 神経痛 身体中が痛い(線維筋痛症) 寝違い 顎関節症 胸郭出口症候群 腱鞘炎 テニス肘 関節リウマチ 坐骨神経痛(腰部脊椎管狭窄症) 股関節 しびれ 足の痛み ムチウチ後遺症

耳鼻咽喉科症状

耳鳴り 難聴 突発性難聴 のどの違和感 嗅覚障害 味覚異常 鼻炎

婦人科症状

逆子 不妊症 更年期障害 生理痛 PMS 月経不順

その他の症状

糖尿病 パーキンソン病 顔面神経麻痺 慢性前立腺炎 内科的症状 ぜんそく アトピー性皮膚炎 パニック障害