OKはり灸マッサージロゴ
整体・鍼灸・マッサージ
岡山県津山市下高倉西824

   電話受付7:00~

カテゴリー 施術・全身の連動性 タグ 不眠

不眠が改善されると様々な症状は快方へ向かう

LINEで送る
Pocket

https://youtu.be/QBgeCrP4xA4

OKはり灸マッサージには、様々な症状でお困りの方がご来院されます。

そういった患者さんの中で、いわゆる「不眠」でお悩みの方も少なくないです。

不眠自体が主訴である場合は少ないですが、他の症状でお困りの方でも、問診票で睡眠の具合が悪い方は少なくないことがわかります。

こういった患者さんにおいて、睡眠状態が改善されると様々な症状が改善する方向に向かうことを、数多く経験します。

鍼灸治療により、睡眠の具合が改善されることは多いです。

が、時に頑固な不眠を呈する方もいらっしゃいます。

こういった方に限って睡眠薬に抵抗感があり、眠れなくてもかたくなに睡眠薬を服用しようとされない方も時折みられます。

「薬をできるだけ服用したくない」という考え方は、非常に健全な考え方だと思います。

が、「必要悪」ではないですが、「睡眠薬を服用せずに眠れず結果様々な不調に悩まされ日々のQOLが非常に低くなる」のと、「睡眠薬を服用してきちんとした睡眠を確保して日々のQOLを高める」とのどちらがいいか、といえば、私(院長)個人は「後者」の方が良い、と考えています。

もちろん、「睡眠薬を服用せずとも良い睡眠がとれる」が一番いいのは当然です。

こういった問題に遭遇した場合、私(院長)は、よくイチロー選手の例を出させていただいております。

イチロー選手は、メジャーリーグに行ってから、長距離の移動による時差ボケが起きるのを嫌い、キッチリと睡眠がとれるように睡眠薬を服用していることは知ってる人なら知っている話です。

試合で最高のパフォーマンスを出せるようにコンディショニングのひとつとして良い睡眠を確保するために睡眠薬を利用する、という物凄くシンプルかつ合理的な、非常にイチロー選手らしい考え方です。

要は、私(院長)は、「眠れないで苦しむより、睡眠薬をきちんと飲んで眠って日々のQOLを高めた方が得策」と考えるものです。

不眠が諸悪の根源となっていることは結構あります。

鍼灸治療が不眠に有効な場合も少なくないです。

繰り返しになりますが、鍼灸治療や睡眠薬の力を借りて良い睡眠がとれるようになると、様々な症状が快方に向かうことを数多く経験していますので、やはり良い睡眠がとれることは健康維持にとって重要なようです。

津山 整体・鍼灸OKはり灸マッサージ

津山市下高倉西824

<営業時間> 8:00~12:00 14:00~18:00

電話受付 午前7:00~ 昼休み中も電話受付しています

<休業日> 水曜日・土曜日午後・第3日曜日・(祝日) ※祝日・第3日曜日は、営業する月もあります。 毎月の休みは、営業カレンダーをご確認ください

LINEで送る
Pocket

The following two tabs change content below.

院長 大門信一郎

OKはり灸マッサージ院長。 はり師・きゅう師・あん摩マッサージ指圧師の国家資格有。 体のゆがみと自律神経を整える鍼灸師。 鍼灸治療の他、痛くない整体や、心地よい力加減のマッサージも好評です。 なかなか良くならない症状にお悩みの方の力になれれば幸いです。
Tagged on:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


電話受付 AM7:00~

症状別記事リスト

特にご来院の多い症状

肩こり 首のこり痛み 四十肩・五十肩 腰痛・ぎっくり腰 頭痛 自律神経失調症 めまい つかれ ストレス 不眠 冷え症 体のゆがみ スポーツ障害 トレーニング 美容鍼

体の痛み・しびれ

痛み 神経痛 身体中が痛い(線維筋痛症) 寝違い 顎関節症 胸郭出口症候群 腱鞘炎 テニス肘 関節リウマチ 坐骨神経痛(腰部脊椎管狭窄症) 股関節 しびれ 足の痛み ムチウチ後遺症

耳鼻咽喉科症状

耳鳴り 難聴 突発性難聴 のどの違和感 嗅覚障害 味覚異常 鼻炎

婦人科症状

逆子 不妊症 更年期障害 生理痛 PMS 月経不順

その他の症状

糖尿病 パーキンソン病 顔面神経麻痺 慢性前立腺炎 内科的症状 ぜんそく アトピー性皮膚炎 パニック障害