OKはり灸マッサージロゴ
整体・鍼灸・マッサージ
岡山県津山市下高倉西824

   電話受付7:00~

カテゴリー 施術・全身の連動性 ラべル 背骨

結局背骨が一番大事

LINEで送る
Pocket

最近の私(院長)の思うところ・・「やっぱり結局背骨が一番大事」。

カイロプラクティックやエドガーケーシー療法が背骨が一番大事、との考えを基に発達しましたが、私(院長)も、やはり究極は背骨に行き着く、と、最近の臨床で感じています。

背骨は体幹部にあるので、「体幹が一番大事」と言い換えることもできます。

私(院長)も含め、OKはり灸マッサージに来院される方ほぼ全員が背骨および体幹部の柔軟性・可動性が低下しています。

背骨の中に重要な神経の束、「脊髄」が通っていて、背骨から脳神経と仙骨神経以外の「末梢神経」が出ています。

神経と人体イラスト

この「末梢神経」は、感覚神経・運動神経・自律神経そのものですので、背骨が硬くなると、脊髄、感覚神経、運動神経、自律神経、の働きが阻害され、あらゆる不快症状を引き起こします。

背骨が硬くなると肋骨も硬くなります(その逆もいえます)。

体幹、という言葉がまだなかった時代から、「胴体力」を提唱していた、故・伊藤昇氏の目の付け所は凄い。

胴体・体幹が硬くなると上下肢の動きも硬くなります(その逆もしかり)。

胴体・体幹の中枢部、背骨、が結局一番大事なのです。

かといって、背骨だけにアプローチすればよいか、といえば、そうではなく、体幹と上下肢は連動していますので、上下肢の柔軟性・可動性を改善すれば体幹の柔軟性・可動性も改善します(その逆もしかり)。

上肢は肩甲骨から、下肢は骨盤(股関節)から、はえています。

この、肩甲骨と骨盤(股関節)の柔軟性・可動性を上げることが、体幹・背骨の柔軟性・可動性を上げることに直結します。

体をゆるめるアプローチ方法は、中枢から抹消まで、あらゆる部位で可能ですが、一番やりやすく効果も感じやすいのが、肩甲骨と骨盤(股関節)をゆるめることです。

これは、施術などの「他力」では実現不可能です。

施術により、ある程度不快症状が改善することはありますが、時間が経つとまた症状がぶりかえす、というのは、人間の体というものは、ほおっておくと硬くなる性質があるからです。

やはり、本気で自分の体を良くしたいと思うなら、施術「他力」とともに、トレーニングや体操などの「自力」が必要不可欠なのです。


カテゴリー 施術・全身の連動性 ラべル 背骨

津山 整体・鍼灸OKはり灸マッサージ

津山市下高倉西824

<営業時間> 8:00~12:00 14:00~18:00

電話受付 午前7:00~ 昼休み中も電話受付しています

<休業日> 水曜日・土曜日午後・第3日曜日・(祝日) ※祝日・第3日曜日は、営業する月もあります。 毎月の休みは、営業カレンダーをご確認ください

LINEで送る
Pocket

The following two tabs change content below.

院長 大門信一郎

OKはり灸マッサージ院長。 はり師・きゅう師・あん摩マッサージ指圧師の国家資格有。 体のゆがみと自律神経を整える鍼灸師。 鍼灸治療の他、痛くない整体や、心地よい力加減のマッサージも好評です。 なかなか良くならない症状にお悩みの方の力になれれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


電話受付 AM7:00~

症状別記事リスト

特にご来院の多い症状

肩こり 首のこり痛み 四十肩・五十肩 腰痛・ぎっくり腰 頭痛 自律神経失調症 めまい つかれ ストレス 不眠 冷え症 体のゆがみ スポーツ障害 トレーニング 美容鍼

体の痛み・しびれ

痛み 神経痛 身体中が痛い(線維筋痛症) 寝違い 顎関節症 胸郭出口症候群 腱鞘炎 テニス肘 関節リウマチ 坐骨神経痛(腰部脊椎管狭窄症) 股関節 しびれ 足の痛み ムチウチ後遺症

耳鼻咽喉科症状

耳鳴り 難聴 突発性難聴 のどの違和感 嗅覚障害 味覚異常 鼻炎

婦人科症状

逆子 不妊症 更年期障害 生理痛 PMS 月経不順

その他の症状

糖尿病 パーキンソン病 顔面神経麻痺 慢性前立腺炎 内科的症状 ぜんそく アトピー性皮膚炎 パニック障害