岡山県津山市の整体・鍼灸・マッサージ  岡山県津山市下高倉西824

岡山県津山市 OKはり灸マッサージからお知らせ

11/23(木・祝日)は営業します!

投球障害肩

LINEで送る
Pocket

投球、という行為は肩関節にとって日常生活を逸脱した動きです。

そうであるが故、過大な負担が肩関節にかかるのが当たり前の中で、関節内の刺激を最小限に抑えるためには、上腕骨頭が肩甲骨関節窩に対して求心位を保つ必要があります。

そのためには、特にlate cocking phaseからacceleration   phaseに移行する瞬間から、acceleration  phaseの終りであるボールリリースの瞬間にかけて、水平外転位からの水平内転運動および過度の外旋位からの内旋運動(hyperangulation)を避けることである。

ところで、投球動作において、「ゼロポジション」という概念があります。

このポジションは、上腕骨頭と肩甲骨関節窩が最も求心位を保ちやすい位置で、投球動作の際、このゼロポジションを意識して投げることで、投球障害を最小限に防ぐことができると言われています。

このゼロポジションを保持する能力が何らかの要因で落ちてくるとhyperangulationとなり、関節内への組織刺激が増すことになります。

そして、一度組織損傷が生じると求心位が更に保ちにくくなるという悪循環に陥り、投げれば投げるほど益々病態を拡大させていくこととなります。

このように、投球障害を防ぐには、まずは体に優しい合理的なフォームを身に着けることが必要で、またそのような合理的なフォームを実現させる身体づくりが非常に重要になります。

「肩は治りにくい」「肩はわかりにくい、難しい」とよく言われます。

特に、野球などの投球スポーツにおける投球障害を診て適切な処置、アドバイスができるようになるには、生半可な知識では不十分です。

肩関節が痛くなる病態生理から、投球フォームに対する知識、それらを改善に導く能力、という幅広い知識が求められるのです。

それには、野球なら野球にどっぷり自分の身体ごと浸かることが必要になります。

私(院長)自身も、まだまだ知識が不十分である、と認識していますが、プロ野球選手を目指す小2の息子がいることで、野球に対するあらゆる知識を貪欲に吸収中です。

自分でプレーしないとわからないこともあります。

実際にプロ野球をはじめ、あらゆるカテゴリーの動作を分析して、怪我なく上手い選手はなぜそうなれているのか?を日常的に分析してききながら、「野球ならOKはり灸マッサージ」となれるように頑張っているところです。

 

 

津山 整体・鍼灸OKはり灸マッサージ

津山市下高倉西824

午前8時からの施術もお受けしています

<営業時間> 9:00~12:00 14:00~19:00

電話受付 午前7:00~ 昼休み中も電話受付しています

<休業日> 水曜日・土曜日午後・第3日曜日・(祝日) ※祝日・第3日曜日は、営業する月もあります。 毎月の休みは、営業カレンダーをご確認ください

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


電話受付 AM7:00~

症状別ブログ記事