OKはり灸マッサージロゴ
整体・鍼灸・マッサージ
岡山県津山市下高倉西824

   電話受付7:00~

カテゴリー 施術・全身の連動性 タグ 足の痛み ラべル 膝関節

膝に注射をしたらよけい悪化した膝痛が鍼灸治療により軽減した症例

LINEで送る
Pocket

今年ゴールデンウイーク頃に、膝が痛くて整形外科を受診し、そこで膝に注射をしたら、余計に痛くなり、階段の昇り降りが痛くて手すりがないとできない状態が続いている方に、鍼灸治療を施させていただいたところ、痛みが軽減した症例を経験しましたので、ご報告させていただきます。

整形外科では、膝が痛い、と言ったら、膝しか診ませんし、しかも関節内の痛みしか想定しません。

だからこそ、関節内に注射するのです。

が、膝関節に限らず、関節の痛みは、関節内から出ているとは限りません。

膝が痛くても、関節周囲の様々な軟部組織が何らかの理由で硬くなり、そのせいで関節の遊びがなくなって痛みを出すことが非常に多いのです。

更には、膝が痛くなるストーリーというものが必ず存在して膝が痛くなります。

膝が痛くなる原因が必ず存在して膝は痛くなるのです。

その原因やストーリーを探ることなく、膝が痛ければ膝に注射をする・・・サルでもできます。

非常に嘆かわしいことですが、現実的に、整形外科という診療科は、手術以外はサルでもできます。

非常にレベルが低い、と言わざるを得ず、頑張って医学部行って医師になっても、鍼灸や整体のレベルから見ると、非常に単眼的で、人間の体を本当の意味で観ることが全くできていません。

考えるのが面倒なのか、考えることができないのか。

まあ、だからこそ、我々のような治療家の業界がやっていけるので助かります。

ありがとうございます、単細胞整形外科医殿。

津山 整体・鍼灸OKはり灸マッサージ

津山市下高倉西824

<営業時間> 8:00~12:00 14:00~18:00

電話受付 午前7:00~ 昼休み中も電話受付しています

<休業日> 水曜日・土曜日午後・第3日曜日・(祝日) ※祝日・第3日曜日は、営業する月もあります。 毎月の休みは、営業カレンダーをご確認ください

LINEで送る
Pocket

The following two tabs change content below.

院長 大門信一郎

OKはり灸マッサージ院長。 はり師・きゅう師・あん摩マッサージ指圧師の国家資格有。 体のゆがみと自律神経を整える鍼灸師。 鍼灸治療の他、痛くない整体や、心地よい力加減のマッサージも好評です。 なかなか良くならない症状にお悩みの方の力になれれば幸いです。
Tagged on:

2 thoughts on “膝に注射をしたらよけい悪化した膝痛が鍼灸治療により軽減した症例

  1. 岡本 努

    いつもお世話になります。
    岡本です。
    逆に、膝が痺れる、痛いというのに膝周りは診てくれなかった整形外科というのは、どうなんでしょう?
    (腰等のMRIの検査はしてもらってます)
    整形外科にて、膝周辺を診てもらった方が良いでしょうか?

  2. 院長 大門信一郎 Post author

    岡もっちの場合、寝てる姿勢と座ってる姿勢で痛くて立ってると痛くないようだから、まず膝は関係ないと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


電話受付 AM7:00~

症状別記事リスト

特にご来院の多い症状

肩こり 首のこり痛み 四十肩・五十肩 腰痛・ぎっくり腰 頭痛 自律神経失調症 めまい つかれ ストレス 不眠 冷え症 体のゆがみ スポーツ障害 トレーニング 美容鍼

体の痛み・しびれ

痛み 神経痛 身体中が痛い(線維筋痛症) 寝違い 顎関節症 胸郭出口症候群 腱鞘炎 テニス肘 関節リウマチ 坐骨神経痛(腰部脊椎管狭窄症) 股関節 しびれ 足の痛み ムチウチ後遺症

耳鼻咽喉科症状

耳鳴り 難聴 突発性難聴 のどの違和感 嗅覚障害 味覚異常 鼻炎

婦人科症状

逆子 不妊症 更年期障害 生理痛 PMS 月経不順

その他の症状

糖尿病 パーキンソン病 顔面神経麻痺 慢性前立腺炎 内科的症状 ぜんそく アトピー性皮膚炎 パニック障害