OKはり灸マッサージロゴ
整体・鍼灸・マッサージ
岡山県津山市下高倉西824

   電話受付7:00~

カテゴリー 施術・全身の連動性 タグ 腰痛・ぎっくり腰 坐骨神経痛(腰部脊椎管狭窄症)

腰痛、坐骨神経痛の正体~坐骨神経痛の治療

LINEで送る
Pocket

「椎間板ヘルニアによる腰痛」と診断されていても、実は、仙腸関節という骨盤の関節の障害である、ということはよくあります。

仙腸関節のイラスト

また、同じく、「椎間板ヘルニアによる坐骨神経痛」と診断されていても、実は、股関節が原因だったり、骨盤が原因であることも、また、よく見かけます。

いずれにしろ、長年の不良姿勢などにより、その部位に負荷が偏ってかかったことが原因であることが、非常に多くあります。 症状の改善には、全身バランスを診て、その偏ったバランスを整えていくことが必要になりますし、そのためには、全体的に身体を診れる目が必要となります。

仙骨の傾きと坐骨神経痛

骨盤の真ん中に、仙骨という非常に大切な骨があります。 骨盤の仙骨のイラスト この仙骨の上に背骨全体が乗っているので、人が立つ姿勢をとると、体重が一気に仙骨にかかります。

上からの体重は、仙骨のところで左右に振り分けられ、左右の腸骨から左右の股関節を経て両脚にかかります。 仙骨が何らかの理由で傾くと、左右の脚にかかる体重に左右差が出ます。

こうして、より多く体重がかかるようになった脚に出る典型的な症状が、坐骨神経痛です。

坐骨神経痛でOKはり灸マッサージにご来院くださる方は、常に2~3人はいる、というくらい、っている方の多い症状です。

仙骨の傾きを正して、体重が左右の脚に均等にかかるようにすれば、自然に坐骨神経痛の症状は消えていきます。

坐骨神経痛の治療

整形外科的には、坐骨神経痛の原因疾患は、腰椎椎間板ヘルニア、もしくは、腰部脊柱管狭窄症のどちらかです。 腰椎椎間板ヘルニアは、腰部前屈で症状が出現・憎悪します。

腰部脊柱管狭窄症では、逆に、後屈で症状が出現・憎悪します。 が、多くの患者さんでは、この両者の合併型が多く見られます。 要は、前屈でも後屈でも症状が出現・憎悪するのです。

これは、治療経過とともに、移り変わることもあります。 最初は、後屈で症状が出現・憎悪していたのが、症状が改善するにつれ、今度は、前屈で症状が出現・憎悪するように変化する、などです。

このことから、脊柱管の前部要素も、後部要素も、ともに影響して、症状が出ていると考えられます。 OKはり灸マッサージでは、患者さんのその時々の状態に合わせた施術を行うことを基本とし、より症状が改善する施術を常に心がけています。

OKはり灸マッサージの坐骨神経痛の治療は、鍼灸治療をメインに、整体治療を加える形の治療をすることが多いです。

診るべきところ、やるべきこと、が、解剖学的・生理学的・整体学的にはっきりしているので、重症度にもよりますが、坐骨神経痛の治療成績は、最近どんどん上がってきています。

関連記事:

→動作改善が達成されたら自然に改善した坐骨神経痛

→腰部脊柱管狭窄症の症状はなぜ鍼灸治療で改善するのか?

→梨状筋症候群

→坐骨神経痛の治療のコツ

OKはり灸マッサージの腰痛治療について詳しくはこちら →腰痛治療について

OKはり灸マッサージの坐骨神経痛の症例

OKはり灸マッサージに数多くご来院いただいた、坐骨神経痛の治療の症例の中から一部をご紹介します。

坐骨神経痛 津山市 50代男性

症状

半年前から、おしりから足にかけて痛む。病院では、椎間板ヘルニアと診断された。ブロック注射や薬の効果がないため、当院に来院された。

治療・経過

鍼灸治療を5回ほどしたところ、随分と楽になった。 さらに7回ほど継続し、9割がた改善したので、様子を見ることにした。

坐骨神経痛 津山市 20代女性

症状

1年前より、腰からお尻が痛む。整形外科では、腰椎椎間板ヘルニアと診断されている。

治療・経過

いつも、1~3回鍼灸治療すると良くなる。 痛くなると、不定期に来院され、その度に改善している。

坐骨神経痛 鏡野町 40代女性

症状

2ヶ月前より、お尻から足にかけて痛む。整形外科では、軽い椎間板ヘルニアと診断された。整形外科と整骨院に行ったが、改善しないため、当院に来院された。

治療・経過

5回の鍼灸治療で、ほとんど痛みがなくなった。

坐骨神経痛 奈義町 50代男性

症状

一年半くらい前より、お尻から足にかけて痛む。 ブロック注射は効果がなく、痛み止めも効果が少ないため、当院に来院された。

治療・経過

間を空けずに、一か月ほど鍼灸治療を継続すると、徐々に改善して、随分と痛みが軽くなり仕事復帰した。今でも、辛い時に不定期に来院されるが、随分調子が良いとのこと。

坐骨神経痛 津山市 60代男性

症状

3ヶ月前に腰が痛くなり、その後、両ふくらはぎと両関節が痛くなり、歩く時に、痛くて力が入らない。

治療・経過

鍼灸治療を1日おきに5回ほど実施すると、症状は、ほぼ改善した。

坐骨神経痛 津山市 60代女性

症状

2年くらい前より、お尻から股関節・太もも・足先まで痛む。

治療・経過

痛みは随分改善し、動作もしやすくなった。

坐骨神経痛 津山市 50代女性

症状

2年くらい前より、腰痛・足のしびれが おきている。

治療・経過

当院で整体や鍼灸施術をすると、その都度、楽になる。症状が安定するまで、定期的に治療を行い、2ヶ月ほど良くなった。

坐骨神経痛 津山市 40代女性

症状

7年前に、腰椎椎間板ヘルニアの手術を受けて、よくなっていたが、昨日から、激烈に右足が痛み出した。 痛くて歩けないので、家族に支えられ、当院の玄関からベッドにになだれ込むように入らえれた。

治療・経過

鍼灸治療を施すと、痛みがピタッと治った。 しかし、数日後、また痛みだし、治療を2回繰り返し、計3回で完治した。

坐骨神経痛のトップへ

関連記事

津山 整体・鍼灸OKはり灸マッサージ

津山市下高倉西824

<営業時間> 8:00~12:00 14:00~18:00

電話受付 午前7:00~ 昼休み中も電話受付しています

<休業日> 水曜日・土曜日午後・第3日曜日・(祝日) ※祝日・第3日曜日は、営業する月もあります。 毎月の休みは、営業カレンダーをご確認ください

LINEで送る
Pocket

The following two tabs change content below.

院長 大門信一郎

OKはり灸マッサージ院長。 はり師・きゅう師・あん摩マッサージ指圧師の国家資格有。 体のゆがみと自律神経を整える鍼灸師。 鍼灸治療の他、痛くない整体や、心地よい力加減のマッサージも好評です。 なかなか良くならない症状にお悩みの方の力になれれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


電話受付 AM7:00~

症状別記事リスト

特にご来院の多い症状

肩こり 首のこり痛み 四十肩・五十肩 腰痛・ぎっくり腰 頭痛 自律神経失調症 めまい つかれ ストレス 不眠 冷え症 体のゆがみ スポーツ障害 トレーニング 美容鍼

体の痛み・しびれ

痛み 神経痛 身体中が痛い(線維筋痛症) 寝違い 顎関節症 胸郭出口症候群 腱鞘炎 テニス肘 関節リウマチ 坐骨神経痛(腰部脊椎管狭窄症) 股関節 しびれ 足の痛み ムチウチ後遺症

耳鼻咽喉科症状

耳鳴り 難聴 突発性難聴 のどの違和感 嗅覚障害 味覚異常 鼻炎

婦人科症状

逆子 不妊症 更年期障害 生理痛 PMS 月経不順

その他の症状

糖尿病 パーキンソン病 顔面神経麻痺 慢性前立腺炎 内科的症状 ぜんそく アトピー性皮膚炎 パニック障害