OKはり灸マッサージロゴ
整体・鍼灸・マッサージ
岡山県津山市下高倉西824

   電話受付7:00~

タグ 腰痛・ぎっくり腰

腰痛治療

LINEで送る
Pocket

腰痛の治療コース

OKはり灸マッサージの腰痛の治療は、

  • はり灸コース
  • 整体コース
  • マッサージコース

この中から、お選びいただけます。

→料金とコース

腰痛のコース選びのめやす

「腰のはり・重だるさがある腰痛には、マッサージ・はり灸・整体がおすすめ」のイラスト
慢性腰痛には、整体か鍼灸がおすすめ:のイラスト

腰がはって重だるい場合、マッサージ・はり灸・整体、どれでも対応できます

腰にはり感がある、腰が重だるい感じの腰痛には、

  • マッサージ
  • はり灸
  • 整体

どのコースでも対応できます。

どの施術でも、血行をよくし、筋肉・筋膜に柔軟性を出して腰痛を楽にします。

 

ぎっくり腰には鍼

ぎっくり腰は、鍼でよくなる方が多く、即効性もあります。

ぎっくり腰でご来院された方には、基本的に、はり灸の施術をさせていただいています。

→ぎっくり腰の治療について

 

慢性的な腰痛には、はり灸か整体

慢性的な腰痛には、

  • はり灸
  • 整体

どちらかのコースがおすすめです。

体のゆがみや筋肉・骨格のバランスを整えて、腰への負荷を軽くして腰痛を楽にします。

筋肉や骨格などに柔軟性がある方(女性に多いタイプです)は、慢性腰痛でもマッサージで改善するケースもあります。

しかし、大半のしつこい慢性腰痛は、マッサージでは十分に改善しない傾向があります。

 

体のゆがみが筋肉や関節に負荷をかけて腰痛をおこす

骨格や筋肉にアンバランスがあると、重心のかたよりや、左右差が生じます。

すると、バランスが良い時に比べて、筋肉や関節に過度に負荷がかかるようになり、関節の痛みや、筋肉のこり・痛みとなって現れます。

病院の画像診断では問題にされない「体のゆがみ」が、慢性的な腰痛に関係していることが多いのです。

はり灸コースや整体コースで、体のバランスを整える治療が効果的です。

ゆがみによって生じた関節や筋肉の負荷をバランスを整えるはり灸や整体で楽に-イラスト

特に、腰痛の原因となる筋肉や骨格の調整に効果が高いのが、はり灸です。

はり灸でできること

  1. 筋肉のアンバランスの調整
  2. 骨格のゆがみの調整
  3. 自律神経の調整

はり灸コースでは、必要と判断した場合は、整体を取り入れた施術も加えています(料金は、はり灸コースのみの料金です)。

「慢性的な腰痛だけど鍼灸が苦手」という方には、整体コースでも対応しています。

整体コース・鍼灸コースでは、腰痛の原因となっている体のゆがみなどの不具合を、施術前の検査で見当をつけ、施術した時の反応などで焦点を探り、原因にアプローチするようにしています。

→当院の腰痛治療のポイント

 

施術前の検査とは?

はり灸コース・整体コースは、体のゆがみに着目して、全身バランスを整えることにより治療効果をあげる施術を行っています。

施術前の検査では、

  • 姿勢
  • 体(関節・筋肉)の動き方
  • お体のゆがみ
  • 全身バランス

など、からだ全体がどのような状態なのか確認します。検査は、服を着たまま行います。

 

筋肉と骨格を詳細にチェックして調整します

当院では、腰痛の効果的な治療のために、特に注目しているポイントがあります。

筋肉・骨格のイラスト

体のゆがみのイラスト

  • 腰椎・仙腸関節など、『骨格』
  • 腰の『筋肉』
  • からだ全体の『ゆがみ』

骨格や筋肉のアンバランスからくる、重心のかたよりや左右差が、筋肉や関節に負担をかけ、関節の痛みや、筋肉のこり・痛みとなって現れます。

仙腸関節付近のゆがみは、腰痛もちの方によくみられる所見です。

 

仙腸関節の不具合による腰痛

腰痛がある人に仙腸関節への施術をすると、かなりの割合の腰痛が改善します。

仙腸関節は、骨盤を構成する仙骨と寛骨とをつなぐ関節です。

仙腸関節のイラスト

わずかな動きがあり、この動きが障害されると、腰痛などの様々な不快症状がおこります。

ギックリ腰などの急性腰痛では、仙骨と寛骨の間の動きが完全にロッキングされてしまい、動きがほぼ制限されてしまっていることがよくあります。腰痛の症状改善には、この制限された動きを出す施術を行います。

また、これとは逆に、関節がゆるんでいる場合もあります。
この場合は、仙腸関節を締める働きをする筋肉の性能を上げる施術をします。

さらに、ロッキングとゆるみが混在しているパターンもあります。

どんな具合で痛みが生じているかは、人それぞれですので、事前に詳細に体の動きや状態をチェックさせていただきます。

整体・はり灸の体の検査について

 

鍼はどれくらい刺す?痛みは?

当院の腰痛の鍼治療は、基本は、細めの鍼を浅く刺す方法です。

チクチクするような感覚はあるかもしれませんが、それほど痛くない刺激です。

ただ、症状や体質によっては、深めに刺す鍼の方がよい場合もありますので、その時々によって、

  • 浅い鍼
  • 刺さない鍼
  • 深い鍼

を使い分けています。

刺激の強い鍼をする時は、あらかじめそのことをお伝えしてから刺しています。

深く刺す鍼が苦手な方に、無理やり刺すようなことはありません。

痛みに弱い、深く刺すのが怖いという方は、遠慮なくおっしゃってください。

痛いところだけでなく、体全体を鍼で整えます

当院の腰痛の鍼灸治療は、 腰だけピンポイントにするだけではなく、全身に行います(ギックリ腰の場合を除く)。

鍼灸をすると、筋肉がゆるみ、筋肉の中の血液循環が改善します。

筋肉がこったり、ちぢこまって固くなった状態だと、神経が圧迫されて痛みを感じやすくなります。

体のバランスが崩れて重心がかたよると、筋肉や関節に負担がかかり、腰痛がおこりやすくなります。

鍼灸で全身バランスを整えて、筋肉や関節へ負荷がかかりにくいように調整します。

 

マッサージコースの腰痛治療

腰のコリやハリ感からくる痛みに対しては、マッサージの施術も効果的です。

マッサージも、、痛みがある腰だけでなく、他の部分との連動を意識した施術を行っています。

腰周辺はもちろん、手や足などの筋膜や筋肉をほぐして、腰痛を和らげます。

当院では、からだ全体の筋肉をゆるめるマッサージで、効果的に腰痛をやわらげます。

筋肉がゆるむと、関節も柔軟性が出て、腰痛が楽になるケースが多くあります。

ただ、マッサージコースでは、体のゆがみを整えることはしていないので、体にゆがみある方は、マッサージだけでは、効果が十分に持続しないこともあります。

体のゆがみが気になる方は、はり灸コースか整体コースをご利用ください。

→料金とコース

 

妊婦の方の腰痛治療も行っています

妊娠中の経過が順調であれば、妊娠中の腰痛にお悩みの方にも施術を行っています。

妊娠して体重が増えるだけでも、腰への負担は大きくなります。

また、妊娠中は、ゆるんでくる骨盤を支えるために、腰やおしりの筋肉に負担がかかりやすく、腰痛でお困りの方が多くいらしゃいます。

おなかが大きくなると、バランスをとるために後ろに重心をとろうとして姿勢も変わるため、背中や腰にも負担がかかりやすくなります。

妊婦の方は、マッサージ・整体・鍼灸、どの施術でも対応していますが、いきなり強い施術をすると、妊娠中のお体によくないので、通常の腰痛治療よりも軽い刺激で腰痛の症状をやわらげます。

妊娠中の場合は、できれば妊娠経過中、何回か施術するのが理想的です。

 

ひどくなる前に施術をするのがおすすめです

腰痛は腰の筋肉の強さも関係がありますが、職業などにより、日常的に腰に負担がかかる体勢を取らざるを得ない場合もあります。

業務上の疾病として、全体に占める割合が最も大きいのは、腰痛だそうです。

厚生労働省も、職場における腰痛予防の取り組みを推進しています。

厚生労働省-職場における腰痛予防対策指針の改訂の概要等

腰がよく痛くなる方は、症状がひどくなる前に、予防をかねて施術を受けることをおすすめします。

また、気をつけたいのは、腰痛の影に何かの病気が隠れていることがあることです。

  • じっとしていても痛い(楽になる姿勢がない)
  • 夜になると痛みがひどくなる
  • いつもとは違う尋常ではないひどい痛み方をする

などの症状の場合は、早急にお医者さんの診察を受けてください。

 

 

腰痛の症例紹介

当院にご来院いただいた方の、腰痛治療の症例の一部をご紹介します。


腰痛 津山市 30代男性

症状

体を使う仕事をしていて、1年前、立てなくなるほど腰が痛くなった。整形外科で MRI を撮ると腰椎椎間板ヘルニアと診断された。

投薬治療するも、すっきりとしないため、来院された。

治療・経過

最初は週1回鍼灸治療を3か月継続し、随分と症状が改善した。

徐々に、治療間隔をあけても問題ないようになった。

今では、ちょっと調子が悪くなると、メンテナンス的に 来院される。


腰痛 津山市 80代女性

症状

腰椎圧迫骨折により、時々、腰や足が痛くなる。

治療・経過

鍼灸治療を二日連続ですると、すっかり良くなる。

不定期(頻度としては半年に1回くらい)で痛くなるたびに来院されるが、毎回、1~2回の治療で良くなる。


腰痛 津山市 20代女性

症状

腰に負担がかかる仕事で、2年ほど前から腰痛に悩まされている。

治療・経過

鍼灸治療をするとしばらくは楽なので、痛くて辛抱できなくなったら 来院される。


腰痛 津山市 50代男性

症状

5~6年前、ぎっくり腰をして以来、慢性的に腰が痛い。

治療・経過

鍼灸治療を週に一回を三回続けたら9割がた改善した。

その後も2週間に1回~一か月に一回、治療を継続し、すっかり良くなった。

今でも、少し腰に違和感が出ると、たまに 来院される。


腰痛 奈義町 50代男性

症状

1年ほど前に、スポーツで痛めて以来、腰が痛む。

治療・経過

週1回の鍼灸治療を、2ヶ月くらい継続して、随分と調子が良くなった。

その後も、予防を兼ねて、2週間に一度のペースで1年ほど治療を継続し、腰の状態がよくなったため、治療終了となった。


腰痛 勝央町 50代男性

症状

トラック運転手という職業柄、腰を中心に、首・肩がこり痛む。

治療・経過

整体治療を施すと、その都度良くなり、しばらく調子がよい。不定期で痛くなってくると来院される。


腰痛 真庭市 30代女性

症状

1ヵ月ほど前より、腰が痛い。

治療・経過

週一回のペースで1ヵ月ほど治療すると、随分改善し、その後は肩こりなどの全身メンテナンスに不定期で来院される。

関連記事

関連ページ紹介

ぎっくり腰の治療

【腰痛とヘルニア】整体・鍼灸・マッサージ

腰椎椎間板ヘルニアの痛み

腰痛と鍼灸治療(1)

腰痛とパーキンソン病

痛い?痛くない?鍼の種類と痛みの強さ

当院で行っているお灸

はり灸はなぜ効く?

写真で見る【はり灸コース】

WHOにおいて鍼灸の適応とされた症状

LINEで送る
Pocket

The following two tabs change content below.

院長 大門信一郎

OKはり灸マッサージ院長。 はり師・きゅう師・あん摩マッサージ指圧師の国家資格有。 体のゆがみと自律神経を整える鍼灸師。 鍼灸治療の他、痛くない整体や、心地よい力加減のマッサージも好評です。 なかなか良くならない症状にお悩みの方の力になれれば幸いです。

最新記事 by 院長 大門信一郎 (全て見る)

最終更新日:2019/01/27