タグ 月経不順

月経不順の治療

LINEで送る
Pocket

月経不順に対する鍼灸治療

月経不順の原因は多く、色々な病気が原因になっていることがあるので、まずは婦人科で、原因をつきとめることが大切です。

しかし、病気の他にも、極端な体重減少や、日常的な激しい運動、心理的ストレスなどが原因で、月経が止まってしまったり、月経不順になることがあります。

こういった原因の方が、病気が原因のものよりも多いと言われています。

鍼灸治療では、各器官に特に異常はないのにおこる、病気が原因でない月経不順が治療適応となります。

 

鍼灸が月経不順によい理由

鍼灸治療は、肌(体表)への刺激によって、体性神経(感覚神経)を通じて、中枢(脳・脊髄)へ伝えられ、自律神経を介した反応として、内臓機能の調整します。

この体表を物理的・化学的に刺激することにより、自律神経を介して一連の流れを「体性-自律神経反射」と言います。

鍼灸治療が内科的症状にも効果があるのは、この「体性-自律神経反射」のメカニズムを利用しているからです。

月経不順の場合は、お体に鍼や灸の施術をすることにより、その刺激によって、子宮や卵巣の血流をアップさせます。

子宮血流・卵巣血流が増加して子宮機能と卵巣機能がアップすると、女性ホルモン分泌が改善・正常化します。

また、中枢(脳)へ伝えられた刺激により、脳血流も改善することがわかっていますので、それにより、視床下部ー下垂体系の機能アップも関係していると考えられます。

 

月経不順の鍼灸治療のペース

月経異常は、体全体のコンディションが悪いままでは改善しにくいものです。

定期的(1,2週間に1回くらい)な鍼灸治療を継続し、身体全体の状態が良くなると、それにつれて、月経異常だけでなく、月経困難症や、月経前症候群(PMS)も、かなり軽減することができます。

関連記事

LINEで送る
Pocket

The following two tabs change content below.

院長 大門信一郎

OKはり灸マッサージ院長。 はり師・きゅう師・あん摩マッサージ指圧師の国家資格有。 体のゆがみと自律神経を整える鍼灸師。 鍼灸治療の他、痛くない整体や、心地よい力加減のマッサージも好評です。 なかなか良くならない症状にお悩みの方の力になれれば幸いです。

最新記事 by 院長 大門信一郎 (全て見る)

最終更新日:2019/01/27