タグ 自律神経失調症 胸郭出口症候群 しびれ 痛み

腕の痛み・しびれの治療

LINEで送る
Pocket

腕の痛み・しびれの原因は様々です。

腕の痛みやしびれの主な原因

  • 首の骨の不具合
    • 頚椎椎間板ヘルニア
    • 頸椎後縦靭帯骨化症など
  • 首肩周りの筋肉の不具合
    • 胸郭出口症候群など
  • 自律神経の不調
  • 使い痛みなど

首の骨に問題がある場合、例えば、頚椎椎間板ヘルニア・頸椎後縦靭帯骨化症などによって、腕に行く神経が圧迫されることによって、痛みや痺れを引き起こします。

また、首の骨に問題がない場合でも、胸郭出口症候群と言って、首肩周りの筋肉が硬くなることによって、腕に行く神経が圧迫され、腕の痛み・しびれを引き起こすこともあります。

頚椎椎間板ヘルニアと、胸郭出口症候群が、合併していることもあります。

こういう状態を、ダブルクラッシュシンドロームと言います。

また、自律神経の異常によっても、腕が痛み痺れることもあります。

それ以外にも、単純に、腕の使いすぎにより、筋肉疲労がおこり、 筋筋膜性の痛みや、しびれが出る場合もあります。

このように、一言で腕が痛いしびれると言っても、様々な病態を想定しなければいけませんので、患者さんから症状を詳しく聞いたり、実際に触ってみて、原因が何なのかをできるだけ想定して施術します。

 

腕の痛み・しびれの治療

腕が痛み痺れるといった症状には、鍼灸治療が有効なことが多くあります。

OKはり灸マッサージでも、腕の痛み・しびれには、基本的に、はり灸の施術を行います。

鍼灸の施術をすると、どのような原因でも、腕の痛み・しびれが改善することは珍しくありません。

ただし、腕のしびれや痛みは、片方の腕だけの場合と、両方の場合とでは、重症度が大きく変わります。

両方の腕が痛み・痺れる場合は、脊髄神経自体が障害されている可能性が否定できませんので、その場合は、先に病院などの医療機関の受診をおすすめする場合があります。

当院の腕の痛み・しびれの症例

当院にご来院いただいた、腕の痛み・しびれの治療の症例のご紹介です。

腕の痛み 鏡野町 40代男性

症状

1ヶ月前から、腕が痛む。
整形外科の治療で改善しないため、当院に来院された。

治療・経過

週2回の鍼灸とマッサージの併用治療により、みるみる改善した。

腕の痛み 美咲町 50代女性

症状

1ヶ月ほど前より、胸・腕・肩と、広範囲に痛む。

治療・経過

鍼灸治療を、週1~2回のペースで継続し、1ヶ月ほどで良くなった。
その後は、何かあると不定期で 来院される。

腕の痛み 奈義町 50代女性

症状

4ヶ月前より、首から肩から腕にかけて痛みがあり、悪化傾してきている。
整形外科の治療では改善しないため 、来院された。

治療・経過

7回ほどの鍼灸治療で良くなった。

腕の痛み 津山市 50代女性

症状

半年くらい前より腕が痛む。特に、肘の周辺が痛む。
整形外科を受診するも、改善しないため、当院に来院された。

治療・経過

週一回のペースで、鍼灸治療を継続し、良くなったり戻ったりを繰り返しながらも改善していった。
3ヶ月で良くなり、治療終了した。

関連ブログ記事紹介

LINEで送る
Pocket

The following two tabs change content below.

院長 大門信一郎

OKはり灸マッサージ院長。 はり師・きゅう師・あん摩マッサージ指圧師の国家資格有。 体のゆがみと自律神経を整える鍼灸師。 鍼灸治療の他、痛くない整体や、心地よい力加減のマッサージも好評です。 なかなか良くならない症状にお悩みの方の力になれれば幸いです。

最新記事 by 院長 大門信一郎 (全て見る)

最終更新日:2019/01/27