岡山県津山市の整体・鍼灸 【OKはり灸マッサージ 】腰痛・肩こり・自律神経失調などの症状に
整体・鍼灸・マッサージ
岡山県津山市下高倉西824

   電話受付7:00~

痛い?痛くない?鍼の種類と痛みの強さ

LINEで送る
Pocket

はり治療は痛い?

針治療を受けたことがない方は、『針治療は痛いのでは?』というイメージをお持ちの方が多いかもしれません。

針を刺すのですから、痛いに決まっていると思うかもしれませんが、実はそうでもないのです。

haritiryounohari

写真では針を刺した状態で分かりやすく撮っていますが、OKはり灸マッサージでは、おもに針を刺してすぐに抜く「単刺(たんし)」と呼ばれる方法で施術しています。

針治療で使う針は、注射針や縫い針に比べて、かなり細い針を使いますので、痛みを感じにくいですし、針治療で使う針自体にも、痛みを感じさせない工夫がされています。

症状によって使う針の太さや針を入れる深さは変わりますが、OKはり灸マッサージで使う針は、細めの針を中心に使うことが多く、また、表皮に浅く(1~4mm程度)刺すことが多いため、あまり痛みを感じないという方が多いです。

とは言え、痛みの感じ方には個人差がありますし、施術するポイントが痛みを感じやすい部位であった場合などは、痛く感じる場合もあります。
ですが、注射のような痛みを感じることはまずありません。

また、痛いというのではないのですが、針を刺した時、「ズーン」と響くような感じを受ける場合もあります。
この響きが気持ち良いと言う方もいますし、苦手と言う方もいらっしゃいます。

当院で、初めて針治療を受けられる場合は、様子を見ながら軽い刺激量からスタートさせていただきますので、ご安心ください。軽い刺激でも症状が改善することは多くあります。

しかし、症状や体質によっては、軽い刺激では、なかなか効果が上がらない場合もあります。症状の改善に必要な場合は、深めに刺す場合もありますが、痛みに敏感な方は、遠慮なくその旨お伝えください。体質に合った刺激量で施術させていただきます。

 

刺さない鍼

また、接触針(せっしょくしん)と言って、まったく刺さないで皮膚に触れるだけの治療法もあります。痛みに敏感な方やお子さんの治療には、接触させるだけの針で治療することがあります。
この場合も、刺した場合とほとんど変わらない効果を出すことができます。

 

当院で使う鍼の太さ

針治療で使う針は、太さの種類が色々ありますが、よく使う針は髪の毛と同じ程度の太さです。針を浅めに刺した場合は、刺したことが分からなかったとおっしゃる方も少なくありません。

もう少し太い針を使ったり、深めに刺した場合は、痛くはないけれど、刺しているのは分かると感じる方が多いようです。

OKはり灸マッサージで、一番使うことが多い針の太さは、0.12mmです。
顔に施術する場合は、もっと細い0.10mmを使います。

顔への鍼施術

顔には細い鍼を使います

採血用の注射針は、0.6~0.8mmが使われることが多いそうです。
比べてみると、針治療の針はかなり細いということが分かります。

OKはり灸マッサージでは、症状や施術部位によって、太さを変えて針治療を行うため、もう少し太くて長い針を使う場合もあります。

当院で使う針で一番太い針は、太さが0.24mmです。これは長さもある針で、深い部分のポイントを狙って施術する必要がある場合に、使うことがあります。

この場合、針先が体の比較的奥深い部位にまで到達しますので、ある種のズーンというような俗に言う「ひびき」を患者さんが感じる場合があります。

太くて長い針の方が、症状改善に、より効果的な場合もございますので、そのような場合は、一言患者さんに「少し深い針をしますが宜しいですか?」とおうかがいして、施術させていただきます。

OKはり灸マッサージの鍼治療は、基本的には細く短い針で浅く刺す軽めの刺激の施術ですが、必要に応じて、長い針で比較的深く刺す場合もございます。

体質や症状、部位により、浅い針から比較的深い針まで、刺激量を絶妙にコントロールします。

ただし、太い方がよく効くという訳ではなく、細い針を浅く刺す施術でも、十分な効果が得られる場合も多くあります。1~2mm程度しか刺さなくても、よい治療効果を上げられることは少なくありません。

太い針を使う治療については、こちらのブログ記事で紹介しています
「OKはり灸マッサージの針治療~浅い針と深い針のお話」

 

針の形状

針治療で使う針は、最先端の技術で先が丸く加工されています。
先を尖せて、体の組織を痛めないように工夫されているので、痛みを感じにくくなっています。

針の刺し方

日本の針治療ではおもに、針治療をする際、鍼管(しんかん)と呼ばれる、筒状の管を使った施術方法が用いられています。

痛みを感じにくい方法なので、日本の鍼治療では主にこの方法が用いられています。

OKはり灸マッサージでも、鍼管を使って施術しています。

鍼管(しんかん)の写真

鍼管(しんかん)

 

鍼管(しんかん)で針を支えて固定し、針を刺します。

鍼管を使った施術写真

鍼管(しんかん)を使った施術

この鍼管(しんかん)を使った方法は、管鍼法(かんしんほう)と呼ばれていて、江戸時代に日本で発明されました。

まとめ

ひとくちに鍼治療と言っても、使う鍼の種類や刺し方などによって、刺激量が変わり、痛みの強さも変わります。

  • 刺さない鍼
  • 細い鍼を使って浅く刺す痛みを感じにくい鍼
  • 太めの鍼で深く刺すズーンとこたえる鍼

また、痛みを感じる感受性の強さも人によって、まちまちです。

軽い刺激で、症状がガラッとよくなることも多くあります。症状や体質によっては、強い刺激の方が効果が高い場合もあります。基本的には、痛みが少ない軽い刺激の施術をすることが多いですが、症状や体質に合わせた施術を行っています。

 

 

LINEで送る
Pocket

The following two tabs change content below.

院長 大門信一郎

岡山県津山市 OKはり灸マッサージ院長。 はり師・きゅう師・あん摩マッサージ指圧師の国家資格有。 体のゆがみと自律神経を整える鍼灸師。 鍼灸治療の他、痛くない整体や、心地よい力加減のマッサージも好評です。 なかなか良くならない症状にお悩みの方の力になれれば幸いです。
電話受付 AM7:00~

症状別ブログ記事

ご来院の多い症状